審査員

林 義勝

林 義勝
写真家

1950年、写真家 林忠彦の四男として東京に生まれる。1973年、個展「芸能人100人の顔」でプロデビュー。エディトリアルの分野で活躍する一方、テーマ写真を得意とし、歴史的背景を織り込んだ日本の原風景や「能」などの伝統芸能などの撮影に取り組む。ニューヨーク、サンパウロ、北京をはじめ国内外での写真展多数開催。主な写真集、「十二支伝説」「龍伝説」「観世宗家能面」「新シルクロード」「東海道の旅」他。新著は、林忠彦・義勝親子の魅力に迫る写真集/伝記「オヤジの背中 写真家・林忠彦──父・林忠彦」。現在、日本写真家協会会員、林忠彦作品研究室代表。

葉山真理

葉山 真理
作家、脚本家、作詞家

作家・脚本家・作詞家「毎日モーツァルト」掲載小説・永遠のモーツァルト(NHK出版)や、オペラ劇『ブリリアント・モーツァルト』(サリエリ役は故・平幹二朗氏)の作者として知られ、いいちこCM「今は、このまま」「遅すぎた季節」「砂漠の薔薇」「君の詩」など、繊細で複雑な大人の女の心情をうたう作詞は、女性たちの熱烈な支持を得ている。NHKこどものうたや、幼児番組の作詞も多数。テレビドラマは、忽那汐里さん、萩原健一さん、岩下志麻さんが出演し、高視聴率であったNHK BSプレミアムドラマ「鴨川食堂」の企画および1話、2話、8話最終回の脚本も担当。現在、海外の映画脚本執筆中。JASRAC正会員、日本脚本家連盟、放送作家協会会員。

木村 葉子

木村 葉子
毎日小学生新聞編集長、学生新聞編集部長

1967年東京生まれ。90年4月、毎日新聞社に記者職として入社。大学時代は児童文学を専攻。東京本社編集局整理本部。91年5月、仙台支局に赴任。警察、裁判、スポーツ、市政、県政などの取材に携わる。東京本社編集総センターで、紙面レイアウトなどを担当した後、子ども向けニュース雑誌「ニュースがわかる」編集室で創刊から10年間、記事執筆、編集などを担う。生活報道部では児童書を担当するほか、子ども、女性、動物などに焦点を当てた戦争関連企画を執筆。学生新聞編集部、採用・研修センターなどを経て、2021年4月から毎日小学生新聞編集長。