『写真絵本「にゃんこ相撲 下町編」』の著者沖昌之さんのサイン会開催決定!! くわしくはこちら ▶

主催 株式会社大空出版
設立20周年を記念するイベントの一環です。

日本写真絵本大賞について

写真という表現方法には現実をありのままに切り取り、伝えるという力があります。
しかしその一方で、モノや風景のとらえ方によってロマンやファンタジーを伝えるという力も備えています。写真を組み立てて展開するという写真絵本の世界を育てることができれば、そこから新しい本の文化が生まれると確信しています。

写真絵本とは

スマホやデジカメなどの進化によって写真はとても身近な存在になりました。大人から子どもまで一億総カメラマンといったところでしょうか。そこで誰もが楽しくチャレンジできる「写真絵本」というジャンルを創りました。写真と文章でつづる絵本の世界。動物やモノ、風景などテーマはなんでもOKです。あなたの写真で絵本をつづってみませんか?

にゃんこ相撲

『沖昌之の写真絵本① にゃんこ相撲 下町編』は写真絵本作品のお手本として是非参考にしてください!

くわしくはこちら

応募要項

第1回 日本写真絵本大賞
応募条件
  • 応募作品は、商業作品として発表されていないものに限ります。
  • 作品の二重応募(同一または類似する作品を同時期に他の公募に応募すること)は認めません。
  • 過度に画像加工や合成処理を施した作品は失格となります。
    トリミングや、色味の調整などはこれに該当しません。
  • 連名での応募も可能です。(代表者の氏名、連絡先、また合作部分を明記してください)
  • ※金賞受賞作品は出版を前提として選考します。この場合、流通上は児童書扱いとなるため、漢字にルビを振る場合があります。
作品規定
  • 「作品タイトル」、「写真」、「文章」で構成された作品であること。
  • 写真:30~40枚程度(最低25枚)
  • 画像データサイズは縦横ともに3000ピクセル以上で作成してください。
  • 印刷物を送付頂く場合は、キャビネ・2Lサイズ(127mm×178mm)からワイド四切サイズ(254mm×366mm)までの大きさ(B5、六切、A4、B4、四切、大四切含む)。
  • 撮影機材の指定はありません。
  • 作品の順番、上下が分かるよう必ず裏面にページ番号と天地を記載してください。データの場合はファイル名にページ数を入れてください。
  • 文章:400字詰め原稿用紙3枚程度の文章量(最大でも4枚分まで)
  • タイトルと文章には、対応する写真画像のページ番号を付けてください。

順番がわかるよう、写真の裏面にページ番号と上下を記載してください。

提出方法
  • データアップロード
  • アップロードデータ(写真データ、タイトル、文章の入ったテキストファイル)
  • 応募フォームに必要事項を入力
  • ※注意事項

データ送付は gigafileなどのアップロードサービスをご利用ください。
データをZIP形式で一つのファイルに圧縮の上、アップロードサービスで生成されたURLを応募フォーム上の該当欄に貼り付けてください。

※データ形式、データ容量上限

例:jpg形式(1枚15MB以下、作品全体で600MB程度に収めてください)

※順番がわかるよう、画像ファイル名は連番にしてください。例:01.jpg、02.jpg、03.jpg~

  • ROM送付
  • ROM(写真データ、タイトル、文章の入ったテキストファイル)
  • 応募票(ROM送付用)(ホームページよりダウンロードしてください)
  • ※注意事項

メディア1枚につき1作品(写真画像+タイトル、キャプション)だけを保存したCD-RまたはDVD-Rを送付してください。BD-Rなどは使用できません。

メディアのレーベル面に、サインペンで作者名と作品タイトルを明記してください。

メディアの破損防止のため、必ずプラスチックケースなどに入れて発送してください。

順番がわかるよう、画像ファイル名は連番にしてください。例:01.jpg、02.jpg、03.jpg~

提出頂いたメディアは返却できません。予めご了承ください。

  • 印刷物送付
  • 作品プリント
    ・キャビネ・2Lサイズ(127mm×178mm)からワイド四切サイズ(254mm×366mm)までの大きさ(B5、六切、A4、B4、四切、大四切含む)。
    ・裏面に作品データ票を必ず貼り付けてください。
  • 応募票(印刷物送付用)(ホームページよりダウンロードしてください)

    順番がわかるよう、写真の裏面にページ番号と上下を記載してください。

受賞対象作品は原版(ネガ、ポジ)をお借りし、デュープ作成後に返却します。

※ROMや印刷物は返却致しませんのでご了承ください。
※1作品につき1枚、応募票を作成してください。

送付先:株式会社 大空出版 日本写真絵本大賞事務局 作品応募係
101-0051 東京都千代田区神田神保町3-10-2 共立ビル8F
Tel. 03-5357-1710 平日10時~12時、13時~17時(土日祝日、年末年始は休業)

審査員
  • 林 義勝(写真家)
  • 葉山 真理(作詞家、脚本家)
選考について
  • 一次選考:事務局による選考
  • 最終選考:審査員による選考
  • ※ 最終選考通過者にのみ連絡します。
  • ※ 最終選考通過者はホームページで発表します。
  • ※ 選考結果の電話・メールなどでの問合せはご遠慮ください。
応募期間
  • 2019年9月10日(火)~2020年4月10日(金)必着
賞品
  • 受賞作品発表:2020年7月4日(土)予定
  • 金賞 賞金100万円ならびに写真絵本出版
  • 銀賞 賞金30万円
  • 佳作 賞金10万円

応募する

  • 応募者の個人情報は、当社のホームページに掲出の個人情報保護方針に基づき適切に管理します。
  • 応募者の個人情報は、日本写真絵本大賞に関する情報のご案内にのみ使用します。
  • 最終選考通過者および入賞者の氏名、プロフィールはホームページなどで公表されます。

FAQ

Q : 複数の応募は可能ですか?
A : 可能です。その際は、1作品ごとに1枚応募票を作成してください。
Q : 写真だけ、または文章(ストーリー)だけでの応募は可能ですか?
A : 「写真絵本」は写真とストーリーの組み合わせで構成されるものと定義しますので、かならず「作品タイトル」、「写真」、「文章」を添えたかたちでご応募ください。
Q : 海外からの応募は可能ですか?
A : 可能です。ただし作品は日本語による作品でご応募ください。

審査員

林 義勝

林 義勝
写真家

1950年、写真家 林忠彦の四男として東京に生まれる。1973年、個展「芸能人100人の顔」でプロデビュー。エディトリアルの分野で活躍する一方、テーマ写真を得意とし、歴史的背景を織り込んだ日本の原風景や「能」などの伝統芸能などの撮影に取り組む。ニューヨーク、サンパウロ、北京をはじめ国内外での写真展多数開催。主な写真集、「十二支伝説」「龍伝説」「観世宗家能面」「新シルクロード」「東海道の旅」他。新著は、林忠彦・義勝親子の魅力に迫る写真集/伝記「オヤジの背中 写真家・林忠彦──父・林忠彦」。現在、日本写真家協会会員、林忠彦作品研究室代表。

葉山真理

葉山真理
作家・脚本家・作詞家

作家・脚本家・作詞家「毎日モーツァルト」掲載小説・永遠のモーツァルト(NHK出版)や、オペラ劇『ブリリアント・モーツァルト』(サリエリ役は故・平幹二朗氏)の作者として知られ、いいちこCM「今は、このまま」「遅すぎた季節」「砂漠の薔薇」「君の詩」など、繊細で複雑な大人の女の心情をうたう作詞は、女性たちの熱烈な支持を得ている。NHKこどものうたや、幼児番組の作詞も多数。テレビドラマは、忽那汐里さん、萩原健一さん、岩下志麻さんが出演し、高視聴率であったNHK BSプレミアムドラマ「鴨川食堂」の企画および1話、2話、8話最終回の脚本も担当。現在、海外の映画脚本執筆中。JASRAC正会員、日本脚本家連盟、放送作家協会会員。

注意事項

  • 主催者は、応募作品の配送中・電送中における事故(紛失・破損・遅滞など)に対する責任は負いません。
    ※追跡可能な配送方法を推奨します 。
  • 応募作品は、撮影方法や撮影対象をふくむ作品内容が法令に違反している、または違反の恐れがあると判断される場合は、失格となります。(受賞後に発覚した場合は、受賞が取り消しになる場合があります)
  • 差別表現や偏見を助長する内容、また公序良俗に反すると判断される内容を含むかその恐れのある作品は、失格となります。
  • 被写体の肖像権については、撮影者が了解を得てください。
  • 応募作品は、主催者、共催者、その他の第三者の著作権、肖像権などの権利を侵害するものでないこと。

応募作品の権利について

  • 応募作品の著作権は作者にありますが、使用権は大空出版が有し、主催者と協力・後援・協賛社は広報宣伝・プロモーション・展示等の目的で、新聞、雑誌、インターネット、などの他、各種印刷物、写真展など、無償で使用させていただく場合が あります。

個人情報の取扱いについて

  • 応募者の個人情報は、当社のホームページに掲出の個人情報保護方針に基づき適切に管理します。
  • 応募者の個人情報は、日本写真絵本大賞に関する情報のご案内にのみ使用します。
  • 最終選考通過者および入賞者の氏名、プロフィールはホームページなどで公表されます。

最終改定日:2013年3月1日
制定日:2010年9月1日

 

 株式会社大空出版(以下、「当社」と呼びます)は、情報誌、ムック、書籍などの出版・販売及び編集業務を始めとし、Webサイトの制作業務、並びにインターネットによる通信販売業務を行うことを主な業務としております。取材、編集、原稿、デザイン、あらゆる現場でIT化が進み、日々刻々と進化を遂げているこの現実を真摯に受け止め、「メディアミックス」を合言葉に次世代の出版社を目指すことを企業理念として掲げ、それに相応しい企業となるために、当社が取扱う個人情報の保護について、社会的責任を十分に認識し、本人の権利利益を保護して、個人情報に関する法規制等を遵守致します。

 また、以下に示す方針を具現化するために、個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT・セキュリティ技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的な改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言致します。

a) 当社は、書籍などの出版・販売及び編集業務を始めとし、Webサイトの制作業務やインターネットによる通信販売業務、並びに従業員の雇用、人事管理等において取扱う個人情報について、予め特定された利用目的の範囲内において、個人情報の適切な取得・利用並びに提供を行い、利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱い(目的外利用)は行いません。また、そのための適切な措置を講じます。
b) 当社は個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守致します。
c) 当社は個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損等のリスクに対しては、合理的な安全対策を講じ、事業の実情に合致した経営資源を注入し、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させて行きます。また不適切な事項については是正を行うなどの内部規程を定め、個人情報を最善の状態で保護致します。
d) 当社は個人情報の取扱いに関する苦情及び相談対応への内部規程を定め、苦情及び相談には、迅速かつ誠実に対応致します。
e) 個人情報保護マネジメントシステムについて、当社を取り巻く環境の変化を踏まえ、適時・適切に見直して、その改善を継続的に推進して行きます。

本方針は、全役員並びに従業員に配布して周知徹底させると共に、当社のホームページに掲載することにより、いつでも、どなた様でも入手可能な措置を講ずるものとします。

 

株式会社大空出版 代表取締役 加藤 玄一
以上

1. 直接書面以外で取得する個人情報の利用目的

(1) Webサイトを制作するため
(2) Webサイトの保守・管理をするため
(3) 情報誌、ムック、書籍などの編集業務をするため
(4) メールマガジンを制作するため
(5) 広告制作物を作成するため

2. 開示対象個人情報の利用目的

(1) お問い合わせの場合
・ご回答するため

(2) 個人注文の場合
・書籍を出版・販売するため
・新刊本をご案内するため
・プレゼントアンケートを実施するため
・必要な範囲内でサービスに関するご連絡をするため
・お問合わせやご意見に対してご回答するため

(3) 書店注文の場合
・書籍を出版・販売するため
・新刊本をご案内するため
・必要な範囲内でサービスに関するご連絡をするため
・お問合わせやご意見に対してご回答するため

(4) 従業員の場合
・人事労務管理、給与管理、健康管理などを行うため

(5) 当社へ入社を希望される方の場合
・採用応募者の採用検討、並びに採用可否に関するご連絡をするため

3. 個人情報の取扱いの委託について

当個人情報の取扱いを委託することがあります。委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

4. 個人情報に関する苦情などについて

苦情などに関するお問合せ窓口は、下記の「個人情報保護に関するお問合せ窓口」をご覧ください。

5. 開示等の求めに応じる手続について

ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去または提供の停止(「開示等」といいます)に応じます。

(1)開示等のご請求方法

開示等のご請求をされる場合には、当社所定の「開示等請求書」(注1)に必要事項を記入し、ご本人様または代理人(法定代理人)様がご本人であることを確認するために必要となる書類(注2)を同封のうえ、次の宛先まで、宅配便、書留、簡易書留、配達記録郵便など、配達の記録が残る方法によりお申し込みください。この方法によらない開示等のご請求(当社に直接お越しいただいた場合も含みます)には応じられませんので、予めご了承願います。また、開示等請求書の記載に不備があった場合やご本人様及び代理人(法定代理人)様がご本人であることを確認できなかった場合には、不本意ながらご請求をお受けできませんので、あらかじめご了承願います。

(注1) 当社所定の開示等請求書
当社所定の開示等請求書は、以下に記載してある「開示等請求書」をクリックすることで、当社Webサイトからダウンロードにて取得することが可能です。
●当社Webサイトからのダウンロードはこちら→「開示等請求書(PDF)」

(注2)ご本人様ならびに代理人(法定代理人)がご本人であることを確認するために必要となる書類
運転免許証のコピー(住所変更がある場合には裏面のコピーも必要)、住民票の写し(原本、コピー不可)、旅券(パスポート)のコピー、健康保険証のコピー、年金手帳 のコピー、印鑑登録証明書のコピーのいずれか1通です。 なお、お申し出いただいた方が代理人又は法定代理人様の場合には、さらに次の書類も同封してください。

・本人様が開示等のご請求を行うことについて、その作業を代理人様へ委任した場合 ご本人様が開示等請求を行うに際して、その旨を委任したことが記載された「代理人 委任状」など、代理人に代理権があることを確認できる書類(原本、コピー不可)。

(2)手数料

個人情報の開示並びに利用目的の通知のお求めに対し、1件につき800円(税込み)を郵便料実費相当の手数料としてご請求させて頂いております。個人情報の開示並びに利用目的の通知につきましてはご本人様へ報告書を郵送致しますが、その中に上記請求書を同封させて頂きますのでお支払いをお願い申し上げます。なお、個人情報の開示並びに利用目的の通知以外のお求めに際しましては、手数料のご請求は行っておりません。

(3)問合せ窓口について

開示等に関するお問合せ窓口は、下記の「個人情報保護に関するお問合せ窓口」をご覧下さい。

6. 個人情報の提供の任意性について

当社へ個人情報をご提供いただくかどうかは、お客様の任意です。個人情報のご提供をいただけない場合は、ご希望の情報やサービスを提供できない場合があります。

7. 認定個人情報保護団体の名称および苦情の解決の申し出先

認定個人情報保護団体の名称
一般財団法人 日本情報経済社会推進協会
苦情の解決の申し出先
個人情報保護苦情相談室
〒106-0032 東京都港区六本木一丁目9番9号 六本木ファーストビル12F
電話番号:03-5860-7565 / 0120-700-779

応募要項